交通事故の加害者になってしまったら - 交通事故加害者相談センター

交通事故の加害者になってしまったら

みなさんは、交通事故について普段どのくらい意識しているでしょうか?
自動車免許をお持ちの方であれば、免許の更新などで交通事故件数や死亡例などを見聞きする機会もあるかも知れませんね。

私たちの身近に潜む交通事故。
幼い頃から「事故に遭わないように気をつけて」と注意されてきました。
その一方で、加害者になってしまったら一体どうなってしまうのかをご存知の方は少ないのではないでしょうか?
どんな罪になるのか、どんな罰則があるのか等、普段はあまり気にしないことかも知れません。
しかし、事故に遭う可能性が誰にでもあるのと同じように、事故を起こしてしまう、加害者になってしまう可能性だって誰にでもあるのです。

さて、交通事故の加害者になってしまった場合、問われる責任は大きく分けて3種類あります。
ここでは、それらについて簡単にご説明していきましょう。

まず1つめが行政上責任で、免停や減点といった処分になります。
こちらは交通事故に限らず道路交通法に違反があった場合にも責任が問われますね。

2つめは刑事責任です。
例えば、被害者が怪我を負った場合には「業務上過失致傷罪」、亡くなってしまった場合には「業務上過失致死罪」等が該当し、裁判で執行猶予や実刑などの判決が下されます。
事故時の被害者の状況などによっては無罪となる場合もありますが、加害者側の飲酒運転などは重い罪となる場合もあります。

3つめは民事責任です。
被害者側に生じた損害などを賠償することになります。
ただし、こちらは被害者側からの訴えがあって成立するため、すべてのケースで問われるわけではありません。
また、賠償額なども被害者側の訴えや判決によって左右されます。

こちらのページもオススメ

交通事故慰謝料の妥当な金額は?